株式会社グリムス gremz
フォントサイズ
標準
拡大
英語版 English
HOME /  IR情報 /  コーポレート・ガバナンス / コンプライアンス

コンプライアンス

印刷する

グリムスグループは、社会規範を尊重し、企業倫理に従った企業活動を行うため、全ての役員及び従業員が取り組むべきことを記載した「グリムス企業行動方針」を定め、コンプライアンスの強化と徹底を図っています。グリムスグループにおけるコンプライアンスとは、法令遵守は当然のこととし、さらに道徳・倫理・良識・マナーを含めた「社会規範全体を遵守すること」としています。
「グリムス企業行動方針」は、企業としての社会的責任を果たすこと、経営トップ自ら企業倫理の徹底を図るといった行動指針、社会への貢献、環境保全、商品の安全性、情報開示、適正な会計処理といった、社会規範を尊重し良識ある企業活動を示した行動規範を定め、社会的良識をもって持続的な社会の創造に向けて自主的に行動することとしています。

グリムスグループにおけるコンプライアンス体制は、代表取締役により任命された法令遵守統括責任者がコンプライアンスの統括部書である総務部に指示し、以下の事項を行います。

  1. ① コンプライアンスに関わる企画・立案・推進
  2. ② コンプライアンス違反行為の情報収集、原因の調査、再発防止策の検討、経営等への適切なフィードバック
  3. ③ コンプライアンス全般に関する相談
  4. ④ コンプライアンス全般に関する啓蒙活動

また、法令遵守統括責任者を委員長とし、各部門の法令遵守責任者・監査等委員・内部監査室長を委員とするコンプライアンス委員会を原則として年2回開催し、全社的なコンプライアンス推進に関わる課題・対応策を協議・承認します。また、必要に応じてコンプライアンスの個別検討課題ごとにワーキンググループを編成し、具体策を検討・実行します。